HOME > 「京都観光おもてなし大使」派遣制度

固定ページ

「京都観光おもてなし大使」派遣制度とは

民間事業者等が実施する研修会や講演会、シンポジウム等に「京都観光おもてなし大使」を講師として派遣する制度で、その開催を支援する目的で大使の派遣費用の一部を交付いたします。

派遣対象となる研修会等

大使を派遣する研修会等は,次の各号のすべてを満たすものとします。

  1. 事業者等が実施する研修会等の講師,パネリスト等が大使であるもの。
  2. 1回につき概ね10人以上の受講者(参加者)を対象とするもので,営利を目的としないもの。
  3. 同一年度内に本事業を利用していないこと。
  4. 国及び都道府県,市町村等,他の地方自治体から同様の助成を受けていないもの。

「京都観光おもてなし大使」派遣制度 申し込み

当制度を利用する民間事業者等に対し、「京都観光おもてなし大使」の派遣に関して負担する以下に掲げる経費の2分の1の金額について、3万円を上限として予算の範囲内で謝礼金を交付いたします。

●対象経費

  1. 派遣する大使に支払う講師報酬
  2. 大使派遣に要する交通費及び宿泊費

「京都観光おもてなし大使」派遣制度 申し込み

「京都観光おもてなし大使」の派遣を希望される民間事業者等の方々は、下記の要領で申請手続きを行ってください。

  • 派遣を希望する大使名、実施する研修会等の概要を「京都観光サポーター制度」事務局に連絡してください。

    派遣可能大使はこちら

  • 事務局が大使のスケジュールを確認し、日程等の調整を行います。
  • 事務局より大使派遣についての内諾を通知いたします。
  • 大使派遣の内諾を受けた事業者は、実施の1か月前までに大使派遣及び謝礼金交付申請書を提出してください。
  • 書類審査等を行い、謝礼金交付の可否を決定し、謝礼金交付(不交付)決定通知書を発行します。
  • 謝礼金の交付決定を受けた事業者は、対象の研修会等の完了後1か月以内に、謝礼金請求書類を事務局に提出してください。
  • 【謝礼金請求書類】
    1. 京都観光おもてなし大使派遣事業実績報告書及びその添付書類
    2. 派遣した大使に講師報酬等を支払ったことを証明する領収書(任意様式)の写し
  • 謝礼金請求書類を確認後、謝礼金を交付します。
    ≪注意事項≫
    謝礼金の交付決定をした事業者等が,次の各号のいずれかに該当するときは,交付決定を取り消します。

    1. 謝礼金を講師謝礼以外の用途に使用したとき
    2. 謝礼金の交付決定を受けた研修会等が実施されなかったとき
    3. その他,報酬の支払を確認できない等,本市が特に必要と認めたとき

京都観光おもてなし大使派遣事業事務取扱規程及び申請書類

京都観光おもてなし大使派遣及び謝礼金交付申請書 ダウンロード ダウンロード
京都観光おもてなし大使派遣事業実績報告書 ダウンロード ダウンロード

「京都観光おもてなし大使」派遣制度 申請書類の送付先及び問い合わせ先

〒604-0857 京都市中京区烏丸二条上ル
株式会社 関広内
京都観光サポーター制度 事務局(株式会社 関広 担当:前中・山田)
Eメール: y-maenaka@kanko-ad.co.jp
Tel: 075-212-5221
Fax: 075-231-4677

「京都観光おもてなし大使」派遣制度 派遣可能大使一覧

ページの先頭へ戻る