于 修忠

東華菜館

「街」って、そこで生活している「人」が介在して、はじめてその魅力を十分に感じられますよね。たとえば、京都には有名なお城やお寺が沢山あるからといって、旅行の方に「さあどうぞ、勝手に好きに観ていって下さい」では、京都を存分に楽しんで貰うことにはならない。京都で生活している人と街が一体となってはじめての観光地なはずです。永い歴史の中で、京都の人によって街が創り上げられ、そして時代が変わっても、京都という街がまた、京都人を絶え間なく育んでいる。観光を終わった旅行者に、一番心に残ったことを尋ねると、それは有名な寺社仏閣ではなく、通りすがりにさり気なく道案内をしてくれた、あなたかも知れない。そんな京都人としての気持ちを京都に住む皆が、常に抱きましょう。そして私は、外国の背景を持つからこそより一層理解できる京都の魅力を、「京都人」として発信していきたいと思います。

おもてなし大使活動報告