田丸 みゆき


享保元年(1716年)創業の京菓匠「笹屋伊織」の10代目当主夫人として京菓子の文化や老舗のおもてなしの心を伝える活動を行っています。
地元の小学生から京都を訪れる修学旅行生、各種団体の講演やパネリスト、企業研修など、年齢層や講演内容も幅広くお話させて頂いています。
また、もっと身近に和菓子に触れてもらえるようにと、2004年に「イオリカフェ」をプロデュース。
京都と名古屋の2店舗で「京菓子300年の心と和のマナー」と題し、毎月講座を開催しています。また、年2回、「女将ツアー」を開催して京都を案内しています。
京菓子を通じて日本の心を知り、もっと京都を好きになってもらいたいと思っています。

tamaru

おもてなし大使活動報告