吉川 舞


京都府出身。第12代ミス小野小町。大学卒業後は京都の大手ゲーム会社に入社し,現在はゲームクリエイターとして活動している。
京都の着物文化に魅了され,ミス小野小町以外にも,第20回ゆかたキレイコンテスト関西大会グランプリ,京都ミスきもの2016準ミスなど,多数の和装コンテストの受賞歴を持ち,これまでから,京都の着物文化の発信に取り組んできた。また2017年8月からは京都市交通局の経営ビジョン検討委員会の市民代表委員、2018年4月からは鴨川府民会議のメンバーとしても選任され,市政府政の活動にも参画している。