村井 洋仁


祖父母、そして親戚の多くが着物に関わる仕事をしており、着物が非常に身近な存在としてある環境に生まれ、着物に携わる仕事をするなら、毎日着物を着てまずは自らが着物を楽しんでみて、それをお客様に伝えていきたいという思いから、1997年に呉服卸の本場である京都室町の株式会社マルヒサに入社。
2002年よりインターネットショップ「京都 きもの京小町」を立ち上げ、2006年に代表取締役に就任。着物を中心とした卸事業、京都・東京での実店舗販売、ネットショップ、イベントプロデュースを手掛ける。
2012年にフランスで着物プロモーションを開催し、それ以降、インドネシア・アメリカ・イタリア・タイ・ドバイなど幅広く海外で着物プロモーションを開催している。