山下 智子


京都市生まれ。幼少期より舞踊で表現の世界に入り、仲代達矢主宰 無名塾に入塾、舞台、TVにて活動。後に声の表現に心を傾け、国文学者 中井和子女史との出逢いにより、自身の根に繋がるいにしえからの京の心に触れ、「女房語り*」と称して「京ことばで聞く源氏物語」を語り始める。失われてゆく京ことばの継承も心において、寺社、文化財建築、博物館など京都の魅力溢れる場をはじめ、全国で語り会を開催。ポーランド、フランス、スイスなど海外からの招聘も受ける。古典の日推進委員会 語り部派遣事業講師。
 *女房とは平安時代の高位の女官をいいます

公式サイト http://www.genji-kyokotoba.jp/