HOME > 京都名誉観光大使

京都名誉観光大使

片岡仁左衛門(かたおかにざえもん)

昭和19年生まれ。67歳。
十三世片岡仁左衛門の三男。幼少期を京都で過ごす。平成7年「菅原伝授手習鑑」の「菅丞相」を勤め大好評を得る。平成10年に十五代目片岡仁左衛門を襲名。
歌舞伎発祥の地京都において伝統芸能の保存継承に尽力。市政広報ポスター「京都の魅力シリーズ第6弾」に登場。京都創生百人委員会世話人。平成11年8月から京都市特別観光大使に就任。平成21年京都市文化功労賞受賞。大阪府出身。


ドナルド・キーン(鬼怒鳴門)

1922年生まれ。
日本文学研究者、文芸評論家。コロンビア大学名誉教授。
古典から現代文学にいたるまで広く研究し、海外に紹介。日本文学の国際的評価を高める。また,世界に向けて広く日本文化を紹介する中で、日本の文化・伝統が凝縮された京都の美しさや素晴らしさを伝えるなど、京都観光の振興にも貢献している。
ニューヨーク出身,2012年3月に日本国籍取得。


中村玉緒(なかむらたまお)

昭和14年生まれ。71歳。
昭和28年松竹映画「景子と雪江」でデビュー。翌年、大映と専属契約をして多数の映画に出演。近年はドラマや舞台の主演を務めるほか、バラエティ番組やテレビCMへの出演も多い。
京都紹介のテレビ番組や地元京都における催し等に出演。平成13年から京都市特別観光大使に就任。京都市出身。


これまで京都名誉観光大使としてご活躍いただきました森光子様におかれましては、平成24年11月10日、肺炎による心不全のためご逝去されました。森様の生前のご活躍に深く敬意を表するとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

(50音順・敬称略)

ページの先頭へ戻る