ビル・トッテン

株式会社アシスト代表取締役(京都市在住)

米国カリフォルニア州出身。南カリフォルニア大学で経済学博士号を取得。1969年に来日し、1972年に日本でソフトウェア販売会社「アシスト」(本社東京)を設立。2006年に日本国籍を取得。経営の傍ら社会・経済問題に関する著書を多数出版し、講演活動も行う。近著に『課税による略奪が日本経済を殺した』(2013年ヒカルランド)。毎日10Km歩き、読書を好み、下鴨の自宅では野菜や果物を栽培し、蜂蜜や鶏も育てている。