マドレーヌ・ワルデナール

日本研究者・美術史家(アムステルダム在住)

20年前に初来日して以来の京都ファン。長崎の出島でオランダ通商使節団長を務めていた先祖を持ち、自身は、大学で東西アジア文化史及び人類学を専攻。2003年に京都で開催された世界水フォーラムでは、オランダ代表団のコミュニケーション・アドバイザーを、2009年にアムステルダムで開催された日蘭通商400周年記念イベントでは、ディレクターを務めるなど、20年に渡って日蘭の文化交流に貢献。現在は、日蘭親善財団副会長、ゴッホ美術館の日本アドバイザー、京都国立近代美術館ゲスト・キュレーター等。