千 宗屋

武者小路千家家元後嗣

武者小路千家15代家元後嗣、慶應義塾大学総合政策学部特任准教授。
2003年、後嗣号「宗屋」を襲名。同寺大徳寺にて故福富雪底前管長のもとで得度、「隨縁斎」の斎号を受ける。2008年~09年にかけて、文化庁文化交流使としてNYを拠点に活動を再開。
2013年1月、京都府文化賞奨励賞を受賞。
2008年より毎年、慈照寺(銀閣)の国際文化交流事業に参加。主に欧米や香港において、日本の茶の湯の文化を紹介し、その普及活動に力を注いでいる。