HOME > おもてなし大使活動報告 > 礼拝聴聞室「利生堂」落慶記念事業のお知らせです【後藤典正大使】

おもてなし大使活動報告

2016年12月24日

礼拝聴聞室「利生堂」落慶記念事業のお知らせです【後藤典正大使】

Filed under: — webmaster @ 12:06 AM

京都観光おもてなし大使 後藤典正様が、執事長をされています高台寺の礼拝聴聞室「利生堂」落慶記念事業のお知らせです。

高台寺は、京都市東山区にある臨済宗建仁寺派の寺院で、豊臣秀吉の正室である北政所(高台院)が秀吉の冥福を祈るため建立した寺院であり、釈迦如来を本尊とする禅宗寺院であるとともに、秀吉と北政所を祀る霊廟としての性格をもった寺院であります。

そういった霊廟的性格もあり、日頃より、「いのち」というものを、もっと深く見つめていきたいという思いから、本年の12月17日に、礼拝聴聞室「利生堂」が落慶されます。「利生堂」は、八角形の珍しい建物で、お釈迦様が説法をしたように、堂の中央に、説法台を設け、周りを聴聞者が囲む造りとなっております。また、壁面には、涅槃像が描かれ、荘厳な雰囲気を醸し出した建物です。

この「利生堂」の落慶を記念しまして、『いのちを見つめる』をメインテーマとしたオープニング記念事業が行われます。

大変貴重なパネルディスカッションのリレートークですので、興味があるかたは是非お申込みください。

http://www.kodaiji.com/event/rishodo/

ページの先頭へ戻る